生命感が溢れる

頬をなでる暖かい風、心が落ち着く川のせせらぎ、生命感溢れる鳥の鳴き声。それ以外の異音は完全に感じられない。両岸に存在するマングローブ(海漂林)は、さながら絵に描いたような南国の景色である。
沖縄でのシュノーケリング拠点として話題の荘厳な「青の洞窟」と「慶良間諸島」、双方のシュノーケリングツアーの内容をマリン情報サイトで働くスタッフが潜入取材!
この美ら風という工房は、丸い粘土から作るかわいい「シーサー」、800種類を優に超す色鮮やかなガラス細工を組み合わせて飾り上げる美しい「キャンドル」や「オルゴール」など、個性的な作品作りが特徴的な素敵な体験工房です。

 

一部のダイバーショップでは負担の掛かる機材を運ぶことがなくダイビングをずっと続けていただきたいと思って、重い器材と携行品の保管ルームサービスをやっています。続けてダイビングするときは手ぶらで十分です。
ウィンドならではのポイントはどこにあると思いますか?スルにかかる大気圧を両方の手でトリムすればツツーッと立っているボードが滑り出します。
ウェイクボードと同じように、先導するボートに持ち手(ハンドル)を装備した綱を引っぱってもらい移動します。縦の形にプレイヤーが乗って歪むことなく動くので、ものすごいスピード感!
沖縄本島のやんばるの森では昔、長い夏休みに田舎で日が暮れるまで遊んだ懐かしい記憶が鮮やかに蘇ります。水遊びでずぶぬれになって服を泥んこにして胸躍らせていた毎日。
那覇にある港より早朝に出航して、ダイビングボートを利用して使って慶良間水域のポインで数回のダイビングを楽しみ、午後に宿舎に戻ってくるケースが多い。
勢いよくカーブを切る時や高い波にぶつかる時は、驚くほどぐらついたり振り落とされる人も。

簡単に安心して始められるだけでなく、ドキドキ感も味わえる流行のマリンスポーツです♪
スキューバダイビング、夕暮れ時のクルーズ、そしてフィッシングにウェイクボード、気軽なシュノーケ
ルツアー他、いろんなマリンスポーツツアーを必ず満喫してください。
必ずご満足いただける「青の洞窟」と初歩的ダイビングを一緒にしたハイクです。シュノーケルで壮大さに触れた人たちの「こんな経験はできないから一度は直に触れてみたい!」といった有難い声が多いことに起因して生まれたものです。

 

沖縄へ行くならまず海!色々なブルーが織り重なった海の中を、南国特有の明るい色合いで綺麗な魚たちと一緒に遊泳する体験は永遠に忘れられない記念になるでしょう。
バリの美しい海でスピード感を満喫する!体力には自信があるという方に最適なのが水上スキー!バリ島のエキゾチックな潮風を受けながら、豪快に水上を駆けまわるのは特に気分が良いものです。
人気のある恩納村でのダイビングの感じを、ダイバー自身が撮影した写真でご覧ください。人気のある恩納村でのダイビングがどういった印象なのかを知っておきたい方、参考にしてください。

 

様々なスポットの過ごし方を把握しているのと一方で緊急時の予防・対処能力も備えた、高い信頼感のあるレジャー・ダイバー、その最先端を行くのがマスター・スクーバ・ダイバーと言われるプロダイバーになります。