サーフボードにヨット

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を受けて海を滑るスポーツである。やや大きいサーフボードにヨットに見られる帆をくっつけた物と伝えれば全体像がつかめるだろうか。
沖縄県名護市にあるやんばるの森はハイキングに最適。携帯品は滑りにくいスニーカー、そして冒険心の二つ。羽根を伸ばして思いきり遊んでみてはどうかな、と思っています。
最近ではダントツ人気の「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」に加えて、海中でゆっくりと呼吸しながら色とりどりの魚の群れと戯れることが可能な初歩的ダイビングも是非ご体験ください。
那覇から近い港より8時前後に出掛けて、ダイビングボートに乗って慶良間地域のポインまでたどり着いて、何回かダイビングを行って、夕方に戻るケースが多い。
この美ら風という施設は、粘土から作る魔除けの「シーサー」、800種類以上常備されている色とりどりのガラス細工を組み合わせて飾り上げるキラキラ輝く「キャンドル」や「オルゴール」など、世界に一つしかない作品作りに挑戦できる沖縄ならではの体験工房です。

 

普通は体験ダイビングだとほぼ全てのダイビングショップは提示されている料金の中に様々なレンタル器材・講習を受ける費用・タンク・ウエットスーツなどその場でかかる費用の全てが入っています。
沖縄の空と海の壮大さを実感できる評判のアクティビティーがパラセーリングというウォータースポーツです。本島中央部の恩納村や北端の瀬底島、中心部の那覇、西方の慶良間での安全なパラセーリングを低料金で体験してください。
ダイビングの初歩的知識を着実に把握していただきます。講習陣の顔ぶれ、器材にはどんなものがあるのか、総額でいくら必要なのかなど、あなたが知りたい情報や知識を事細かに紹介します。
ここ数年一番人気の「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」にプラスして、海の中でやんわりと息をしながら色鮮やかな小さな魚たちと楽しむことが可能な初歩的ダイビングも間違いなく満足いただけるものと思います。
青々としたサトウキビ畑や昔から変わらない沖縄の家が続いており、沖縄らしいムードや景観を味わえます。「古宇利大橋」から眺める海は、死ぬまで忘れられないほど鮮やかな青い海。

 

1年365日営業しているレストラン客船「モビーディック号」で開放的な沖縄の感動的な夕日に照らされる景色を見ながら、豪華なお料理をご堪能ください。
誰も手軽なスキンダイビング。だけど、一般講習から着実に練習されることをお勧めします。と心置きなく遊びたい方にはとっても満足できるコースになります。
沖縄へ行くならどうしても行っておきたい観光ポイントを巡回し、日が落ちてからは上品に船の上で食事を楽しみませんか?心に残る旅行になること請け合いです。
那覇発、北谷発どちらも「5歳以上中学生未満」の子ども達には憧れの船長体験&インスタントカメラでの撮影会(撮影は1回)がもれなく付いてきます。とにかくこの機を逸さずにお手続きください。
「ずいぶん長くダイビングから遠ざかっていた」、「何とかまた一緒に潜ってみたいけれど、ブランクが長すぎて心配だ。」と思っているダイバ ーを対象とした教室もあります。